FX 用語

【FX初心者入門編】トレンド・レンジ・押し目買い・戻り売りとは

2016/09/30

こんにちは。わかです。

この【FX初心者入門編】は
初心者だった私が
土台を作るために調べた用語や
土台を作るために学んだことを主にご紹介しています。

これだけは知っておきたい!というごく基本的なものばかりです。
少しでもお役に立てれば幸いです。

チャートを見て
実際にエントリーしよう!と思っても、

さて、
買うのか?
売るのか?

買うならどこで買うのか?
売るならどこで売るのか?

困ってしまいますね。

チャートで一番最初に見ることは
レートがこれから
どちらの方向に動く可能性が高いのか、
ということです。

トレンドとは

【トレンド】
トレンドとは相場の流れのことです。
FXには「売りと買い」の取引方法があり、
人気がある通貨は彼割れる傾向にあります。

トレンドの有無がはっきりしていることを
「トレンドが発生している」
といいます。

トレンドには
「上昇トレンド」と「下降トレンド」があります。

ローソク足は波のような形で
一直線に動くものではありません。

上がったり下がったりを繰り返しながら
少しずつレートが上がっていき
高値が切りあがっていくのが上昇トレンド、
安値が下がっていくのが下降トレンドです。

相場にトレンドが発生すると、
流れが落ち着くまでは
ある程度その方向に流れる傾向にあるので、
一度トレンドが発生したら
出ているトレンド方向にエントリーするのが
一番ストレスなく、
かつ大きな利益を狙える取引できる方法です。

%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%83%89%e7%94%a8%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%bc%e3%83%88

1は「下降トレンド」です。
2は「上昇トレンド」です。

相場は「上げ100日下げ3日」という言葉があります。
それが示すように
一般的に上昇トレンドはじわじわ上昇するのに対し、
下降トレンドのほうはスピードが速いです。
滝のように一気に落ちるときもあり、
「ナイアガラ」と表現されるときもあります。

そういえば、スイスショックのチャートも
下落でしたね。
(参考:「証拠金とは」

レンジ・持ち合いとは

【レンジ・持ち合い】
レンジ・持ち合いとは、売り買いが均衡して、
ある一定の値幅で用毛を繰り返している相場のことを言います。

%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%b8

一定の値幅で動くということは
上限と下限があり、
狙い方としては
上限まで来たら、売る、
下限まで来たら買うという戦略が立てられます。

一方でレンジの売り買いの均衡が崩れると
一気に動く可能性が高いため、それを狙う方法もあります。

トレンドが発生するきっかけのひとつは
経済指標・政策金利・要人発言であることが多いです。
(参考:「ボラティリティ・経済指標とは」

また重要な経済指標の前は
投資家も様子見をしますので
レンジになることが多いです。
取引をする前にチェックしておきましょう。

押し目買い・戻り売りとは

【押し目買い おしめがい】
押し目買いとは上昇トレンドが発生しているときに
一時的にレートが下がり、下がりどまったところを買う、
ということを言います。

チャートの2.上昇トレンドのところに黒丸を書きました。
ここが「押し目」と呼ばれます。
そこから買うのが「押し目買い」です。

%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%83%89%e7%94%a8%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%bc%e3%83%88

【戻り売り もどりうり】
戻り売りとは下降トレンドが発生しているときに
一時的にレートが上がり、上りどまったところから
売ることを言います。

チャートの1.下降トレンドのところの黒丸のところが
エントリーポイントです。
「戻り」と呼ばれます。
そこから売るのが「戻り売り」です。

押し目買い、戻り売りをするために大切なことは
しっかりと下がりどまったこと、上りどまったことを
確認してから入ることです。

トレンドがわからないときは

FXは
トレンドが発生しているのかしていないのか、
トレンドが発生している場合は
上昇、下降のどちらなのかを
判断することがとても重要です。

トレンドが発生している場合は
押し目買い、戻り売りを狙うのが
一般的です。

そして、トレンドが発生していない場合など
どちらにエントリーしたらいいのかわからないときは
見送ることも戦略の一つです。
(参考:「見送りの上手なやり方・メリット」
自分の自信があるところだけ
エントリーしていきましょう。
 

-FX, 用語

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。