FX 土台作りの過程

【FX初心者勉強法】ルールはチャートから見つけるほうがはやい

こんにちは。わかです。

ルールを作るときに
ルールを作るのに欲張ってしまうときの対処法
いくつか条件を決めたほうがいいと書いていますが、
その条件がたくさんあると困ってしまいます。

だから、ある程度は決めつつも最後は
「過去チャートを見て、実際にあるものから共通点を見つける」ということが
大事です。

私の失敗談

私の経験をお話しすると、
ドル円の手法をそのままユーロドルでできないかなと思ったのです。

ドル円が大きく動くのは東京市場が始まり、
9時から10時ごろが多いですよね。
私が入りたいパターンは大体そんな感じです。

6,7,8時あたりで抵抗ができて9時から動き出すというのが
私が入りたい相場です。

ユーロドルは夕方の欧州市場に動く通貨です。
当時、ドル円があまりチャンスがなくて
どうしたもんかなぁと思っていた時に
「そうだ、通貨を増やそう」と思ったんですね。

それでドル円の手法がそのままユーロドルに使えないかと思ったわけです。

ドル円のNY市場の動きが、ユーロドルでは東京市場として
夏時間なら13時か14時あたりで入れないかなと。

でも、このたくさんの条件ありきの検証はかなり大変でした。

なぜ大変なのか

条件が多いほうが、一気に入りたい相場が絞り込めそう、と
思いますよね。

私もこの検証を始めるときはそう思っていたんです。
でも実際は違いました。
まず1か月分検証を続けることができなかったんです。

検証好きの私がなぜ続かなかったのか、
ちょっと考えてみました。

ルールがあてはまるのか?

ルールの条件が多いほど、1日1日のチャートをチェックするのが大変です。
それがある程度頻繁に出るものだということがわかっていたら
まだやれるんですが、
前提として
「そもそもあてはまる日があるのか?」ということがわからないのです。

それがわからないのに、検証をすることは
精神的になかなか難しかったです。

ルール前提でチャートを見た場合で
あてはまるのかどうかが全然わからない場合、
1週間に1回あるのか、1か月に1回あるのか、
もしかしてそれ以上に頻度が少ないのか、
全然予想もつきません。

その月は1度もなくても、
その前の月は頻繁に該当するかもしれません。

そもそもがルールを一つ一つチェックするので
大変なうえに
終わりがあるのかがわからないので
私は続けることができませんでした。

事前に決めておくもの

私が最初に検証する際に決めておいたらいいなと思うもの。

それは
「エントリー時間」だと思っています。

エントリー時間も、通貨によってチャンスが違うところがあるので
ガチガチに決めてしまうと難しいかもしれないですね。

一番は、出来上がったチャートを見て
チャンスが多いところと自分がエントリーできる時間との兼ね合いで決めるのがいいかなと思います。

後付けで考えていけばいいかなと。

例えば決済方法とか
何pipsくらい狙うとか
指値で入るか成り行きで入るかとか
こんな形になったら入るとか、

それらはすべて
出来上がったチャートから決めたほうがはやいかなと思います。

例えば朝からエントリーして、昼までで50pips狙いたいと思っても
相場が50pips動いていなかったら狙えないですよね。

理想は理想、現実は現実。
そのあたりは分けたほうがいいし、
細かいところは実際のチャートから見つけ出すほうがスムーズかと思います。

気持ちは「推理ドラマ」のように

私は推理ドラマや推理小説が好きで、
今シーズンは「相棒」と「科捜研の女」を見ています。

事件を解決していく様子は
ルール作りに似ているなぁっと思います。

事件があって、証拠を見つけて
証拠の共通点から犯人を導き出すというのは

好きなチャートがあって、
それに共通する点を見つけてルールを作る。

ん?ちょっと違いますか?(笑)

でもあくまで事実から探すというところは
同じかなと思います。

私も次通貨を増やすときは
ちゃんと通貨の癖からルールを作るようにしようと思います。

こちらもよかったらどうぞ。
「検証は自分の手法を育てるため」
「検証で気付きを得るための3つのステップ」

-FX, 土台作りの過程

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。