FX FX初心者向け 土台作りの過程

【FX初心者勉強法】3.時間の癖を見つける

更新日:

こんにちは。かずみです。

今日は時間の癖を見つける、です。

ここからは実際に私がどのように手法を作ってきたかについて
詳しくお話ししようと思います。

前提として知ってもらいたいことは
*FXのスクールに入った
ということです。

Sponsored Link

時間の癖を見つける

開始1週間目

取引時間を早朝の5時から6時あたりに決めた私は
ひとまず毎日同じ時間にチャートを見ることにしました。

当時はユーロ円を取引していました。

同じような時間に取引をする人が
4人ほどいて、
そのうちの一人Oさんが
早朝の癖として、
「9時前までに直近の高値安値付近までいく癖がありますね」と言われました。

最初全然意味が分からなかったのですが、
ひとまずみんながエントリーする方向、
エントリー値を参考に
ひたすらデモでエントリーしました。

今となっては見直したら
笑ってしまう内容満載の最初のトレードノートはこちら。

%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%88%e3%80%80%e6%b3%a2%e7%ac%91
えーとこれ、
本当に当時はこれで取引していました。

5時の時点で上がってきているから次は下がる、
下がってきているから次は上がる、
という
本当に空中に波の形を書きながら
次は上がるか下がるか考えていました。

このような「時間の癖」を1つ見つけることができたら
もう手法はできたもんだと思います。

あとはそれを狙い続けさえすればいいと思います。

その時は何の気なしに真似をさせていただいてましたが、
今となってはその一言がなかったら
今の私はなかった!と思います。

そして、エントリー値、エントリー根拠、ターゲットなどを
チャットに書いておしまい。

OCO注文だったので
あとは見ていませんでした。

ターゲット設定が直近高値安値付近だったので
うまくいくときは
だいたい8時45分から9時には指値が刺さっているというのが
利益からだんだんとわかってきていました。
損切されるなら9時以降。
履歴を見ると一目瞭然でした。

日処理とエントリー時間

当時は日処理は全然気にしていませんでした。

日処理とは強制決済のためなどに
口座の証拠金維持率などを計算するために
日本時間の夏なら6時前後、冬なら7時前後に
証券会社のシステムが使えなくなりエントリーや決済ができなくなることです。

ですからこの時間帯にポジションを持っていたら
想像外の動きをしても逆指値も効かない、
決済することもできないという
何とも恐ろしいデンジャラスタイムなんです。

証券会社によっては時間も異なりますし、
ないところもあります。
DMMは最近なくなりました。
ヒロセは以前から短かったのかな?
その代わりにその時間帯はスプレッドが広がるらしいです。

5時から6時にエントリーするとなる
5時15分あたりが
とってもいい買いのエントリータイミングがくるので
5時エントリーはその後もなかなかやめなかったですねー。

売りは反対に6時、7時8時あたりまで待ったほうが
いい時が多かったです。
これは今もですね。
(朝トレードしている人ならわかってくれるはず)

当時は損切幅が今よりもかなり大きかったのと、
その時間までエントリーを待つことは不可能だったため、
6時でもエントリーしていました。

一人時間とはいえ、朝はやっぱり家事をやりたいので
朝ずっとチャートを見るのは極力さけたかったのです。

だからエントリーポイントが何時に来やすいかを調べて
売りだなと思ったらまずはお弁当作ったり
洗濯機を回したりして、
買いだなと思ったらパパッと身支度をして
エントリーをしてから家事をすます
という風に工夫をしていました。

順調にいっていたけれど・・・

教えていただいた時間の癖は
本当によくききました。

そのため毎日エントリーしても
勝率はめっちゃよくて、
「FXってめっちゃ簡単なんやなー」って思っていました。
(いやいや、あんた真似しているだけやん・・・って感じですね)

ですが、
あれれ?ちょっとうまくいかないな?ということがでてきたのです・・・

Sponsored Link

-FX, FX初心者向け, 土台作りの過程

Copyright© 主婦トレーダーかずみのFXトレードノート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。