FX 土台作り

【FX初心者入門シリーズ】エントリーの絞り方

2016/09/30

こんにちは。わかです。

この【FX初心者入門編】は
初心者だった私が
土台を作るために調べた用語や
土台を作るために学んだことを主にご紹介しています。

これだけは知っておきたい!というごく基本的なものばかりです。
少しでもお役に立てれば幸いです。

ネットサーフィンをしていると、
FXを教えてくれる方のブログがたくさんありますよね。
いろいろなやり方があって、
それぞれの通貨やパターンで勝たれているんだと思います。

「○○手法」みたいなのもいろいろありますね。

私はいまだにFX用語を知らず、
最近「ピンバー」を知りました。
(参考:「チャート・ローソク足・ひげとは」

「ひげで勝てる!」と言われても
「いやーそれだけじゃ勝てないでしょ」と思いますが
「ピンバーで勝てる!」と言われると
「ええっ勝てそう」と思ってしまうのは横文字マジックですね。

でもどの手法もそれだけで勝てるものは
あまりないんじゃないでしょうか。
例えば、ピンバーの手法なら
ただ単にピンバーがでたら
絶対にエントリーする!
というわけではもちろんなくて、
通貨や環境認識、インジケータ、時間など
いくつかの条件が重なって
初めてエントリーするんだと思います。

だからどの手法を使ったとしても
条件を絞り込むことはとても重要だと思います。

現に私の知っているトレーダーでも
購入した商材の手法を使っているけれど
やっぱり検証をして
出たサインのなかで精度のよいものだけを
厳選してエントリーしていると聞きました。

絞り込むことは見送りを上手にするコツでもあり、
損を減らすことにつながります。

絞り込みかた

1.ゆるぎないもので絞る

時間、曜日など、仕事のシフトのように、
やるやらないをはっきりさせるのが一番わかりやすいです。
時間なら「7時から9時まで」
「欧州市場だけ」と決めると入れなくなりますよね。

時間で絞るメリットはこちらにまとめています。
「トレード手法の土台を作るポイント」

ちなみに、私の周りは
チャートを見る時間を決めるのは
あたりまえのことになっています。
初対面なら「取引時間はいつですか?」
という投げかけから会話スタートです。

あと、曜日。
この曜日しかやらない、
この曜日はやらない。

私は月金は無条件に休業です。
あと、雇用統計週の水木も。
理由は簡単。
自分の手法との相性が悪いから。
これは過去検証で導き出しました。

月曜日の動きを見て、
このパターンが来ない限りは入らない
という条件も最近付け足しました。

2.相場環境やエントリーポイントで絞る

無数にあると思うので、具体例は書きませんが、
インジケータ、ライン、日足のトレンドとか・・・
自分の手法合うもので条件づければいいと思います。

おすすめは
条件の一つに「チャートを見てパッと判断できるもの」を作ること。
1.の条件はクリアしても、チャートを見て「今日はルール外だな」と思ったら
すぐチャートを閉じることができます。

チャートを見てたら入りたくなる人にはオススメです。

なぜかというと
「入れるか~入れないか~」とチャートを見ながら悩むと
変なところでエントリーして損切になり、
そもそも今日はエントリーする日だったか?って日に
なぜかむきになり損切を重ねてしまうことを経験しましたので。

逆にエントリーが慎重な方は
「これがなかったらエントリーする!」という
背中を押す感じのルールがあったらいいですね。

ちょっと役立つ?!わかの経験談

「自分が入りたい相場になる可能性が高いもの」を
ルール化するのであって、
もちろん損切になるときもあるし、
ルールからは漏れるけれど思ったようになる時もあります。

だからといって「あれも、これも」としてしまうと、
全然まとまらない
ということになります。
バランスが重要です。
私の基準は「これだけは入りたい」を大事にすることです。

1.のルールが多い人ほど、エントリー回数は少なくなると思います。
私はそれが理想なので、
そういうスタイルをしている人を見本にしていますが
そのあたりは各自お好みですね。

エントリー回数が多くて
損切も多いけど、利益を伸ばすだけ伸ばすというスタイルで
勝っている人も知っています。

自分に合うかどうか
自分にできるかどうか、それだけです。
ほんとFXは自由だなぁ~と思います。

-FX, 土台作り

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。