FX 用語

【FX初心者入門編】ポジション・含み益・含み損

2016/09/30

こんにちは。わかです。

この【FX初心者入門編】は初心者だった私が
土台を作るために調べた用語や
土台を作るために学んだことを主にご紹介しています。

これだけは知っておきたい!という
ごく基本的なものばかりを集めました。

少しでもお役に立てれば幸いです。

エントリーから決済までの流れに沿って、
主な用語を説明しています。
今回は「ポジション」「含み益」「含み損」についてです。

途中から読まれた方はこちらもどうぞ。

「エントリー・成行注文・指値注文とは」
「約定・スリッページ・すべるとは」

エントリー(売り or 買い)

 約定(スリッページ)

  ポジション(含み益・含み損)

決済(利確か損切)
     

約定した後使う用語

【ポジション】

ポジションとは、新規注文が約定したあと
そのまま決済せず保有している注文のことです。

「売りポジション」
「売り建て」
「ショートポジション」

は売り注文が約定して保有していることです。

「買いポジション」
「買い建て」
「ロングポジション」

は売り注文が約定して保有していることです。

 

「ポジションを持っている」
というのは、
エントリーしてまだ決済せずに
保有していることを言います。

略して「ポジ」という人もいます。

「ポジる」はエントリーをしてポジションをもつことです。

エントリーを何度もしてしまいうことを
「ポジポジ病」といいます。

ポジポジ病への対応は
エントリーを何回もしてしまう原因を解決し
エントリー回数を抑えられるようにするか、

エントリー回数が増えても
利益が残る手法をつくるかの
どちらかです。

私の考えは
「トレード手法の土台を作るポイント」にも書いていますが、
利益が残る方法であれば
あとは自由だと思っています。

そのエントリー回数が、
チャンスをつかむためのエントリーなのか、
損失を増やすだけのエントリーなのか、
その調整ができれば
それでいいと思います。

私の周りにはポジポジ病を治した人と活かした人の両方の経験者がいます。
悩まれている方は
経験者の経験談を聞くことが解決のヒントになると思いますよ~。

確定する前の損利

【含み益・含み損】

決済をする前の利益、損失のことです。
確定していないので、まだ見込みであることを忘れてはいけません。

この言葉を聞くと
最初にFXを勉強するために
図書館で借りた本を思い出します。

初心者トレーダーが含み益がでて
「これで何を買おうか」とニヤニヤしてたら
トレーダー仲間に「確定しないとだめだよ」、
と助言されるんです。
ですが、もっと伸ばそうと保有していたら
結果含み損になってしまった!という内容です。

私も結構あります、この経験。

ルール通りだから仕方ないんですが、
やっぱりちょっと悲しいです。

ちょこっと役立つ?!わかの経験談

ポジション保有のコツ

私はポジションの保有が苦手です。
最初にユーロ/円で取引していたとき、
朝の5時から6時エントリーの
9時までに決済だったのが忘れられないようです。

今は少なくとも18時まで保有
または15時までの平均ボラぐらいが消化するまでときめています。
(参考:「ボラティリティ・経済指標とは」

保有するのに一番おすすめなのは
「チャートを見ないこと」です。

エントリーしたら
やっぱり気になるんですよね。
極力気にしないようにしてるけど、
「見ないようにしよう」としてる時点で気になってる証拠。

幼稚園行事などでバタバタして、
ちょっと忘れてた方が
さくっとストレスなく
50pipsとれてたりします。

一度、逆指値だけで忘れてて
夕方みたら100pipsぐらいの含み益がでてて、
慌てて利確したときもありました。

その時の
「あらー忘れとったけどめっちゃとれてるやーん!」を
毎回やりたいです。

枚数が増えると
(参考:取引単位とPips
すっかり忘れるということは難しいですが、
チャートを見ないようにする、
というのは大きなポイントになると思います。

そして損切されても仕方ない、くらいの
満足いくエントリーをすること。

最近思うのは
保有ができるトレーダー仲間にあこがれる
自分を認めて、
そのうえで自分の限界を知って、
その範囲ですることだなということです。
自分が取れる範囲でとる、だなぁと。

保有についてはまだ日々改善中なのでした。

続きの注文方法の具体例はこちら 「OCO注文・IFD注文・IFO注文とは

-FX, 用語

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。