FX メンタル

どれも正解だから自信を持とう

 

こんばんは。わかです。

最近読む本や読むブログに
よく出会う言葉。

「正解を求めない」

これだけ何度も出会うので
今の私に必要なんだなって思っています。

私は算数が苦手です。
数直線の宿題で号泣してました。

算数が嫌いな一番の理由が
「答えが一つしかないこと」でした。

反対に国語は大好きでした。
漢字は読書が好きだったのでスラスラ頭に入ったし、
長文読解もだいたい大事なことが分かっていれば丸。
作文も好きでした。

答えはたくさんある、というほうが
日常生活では多いかなと思います。

日々の選択に正解はあるのか??

最近、自分の人生において
5本の指に入るような
大きな出来事に直面し、

たくさんの選択に迫られました。

言うか、言わないか。
やるかやらないか。

どちらが正解なんだろう、と
そのたびに考えました。

間違えたらどうしようという不安から
どちらも不正解に見える。
ほかの選択肢があるんじゃないか。
もっとほかの方法があるんじゃないか。
といろいろ考えました。

でもね
結局答えなんてあるようでないんですよね。

その行動一つが
大きな意味を持つときもあれば
どっちをしたって同じときもある。

その時はそれがわからないので
「選ぶ」ということが
とてつもなくストレスでした。

でもその時に言われた言葉が

何を選んでもいい。
後悔をしないくらい、とことんやり切れ!

やり切って、
自分の思った結果じゃなかったら
その時また違うやりかたを選べばいい。」

どのやり方を選ぶかではなくて
選んだやり方を
自分のほしい結果に向かって
とことんやりきること。

それをこの経験から学びました。

手法はなんだっていい

手法だってそう。

勝てる手法ってたくさんあるんですよ。
いくらでもある。

でもその中で
「自分ができるもの」となると
とても限られてきますよね。

どれが「本当に勝てる手法」なのか?というのを
考えることは無駄だと思います。

だってよっぽどじゃない限り
どれも「勝てる手法」なんだと思うんですよ。

それより
自分がこの手法(または優位性)を生かして
利益を残すにはどうしたらいいのか」という方に
知恵を絞るほうがよっぽど効率的。

やり方に正解なんてない。

そう思うのです。

自分の大事なものをわかっていることが大事

正解かどうかわからないことを
やり切るには
「自分がどうなりたいのか」
「自分はどうしたいのか」
がとても重要だということを実感しました。

それがないと、
やりきることが難しくなってしまいます。

迷いがあるとやることがぶれちゃうんですよね。
(そういうときは何もしないほうがいいということもわかった)

だからこそ、
「FXで稼ぎたいのはなぜ?」
「FXで稼げるようになってどうしたいのか?」
「FXで稼げているとき、どうやってFXと付き合っている
自分がいてほしいのか」
を手法を作る前に
なるべく明確にしておくといいかなと思います。

前提が
「FXで稼げるようになっている私」として
いろいろなものを選択していく。

これが大事かなと思います。

失敗も経験

絶対だれでもうまくいくやり方なんてないんですよね。
これを私たちは探しがちですけどね。
(私も探してました)

だって、失敗って怖い。
失敗したくない。

はい、私もそうです。

私は今回のことで
失敗はたくさんしました。

その時は
「もう取り返しがつかないかも」と思ったことも
何度もあります。

頭でシミュレーションしたことと
全然違うことをしてしまって
悶絶したことも何度もあります。
(チャートを見ないって決めたのに、見てしまうのと同じ 笑)

最初こそ後悔していたんですけど、
だんだんそれよりも
「じゃあ次どうする?」を
考える時間のほうが増えていきました。

もちろん、そんな簡単に切り替えることはできません。
一人では無理でした。
支えてくれる人が何人もいたから
いったん落ち込んでしまっても
浮上できたんだと思います。

振り返って思うのは
その失敗もいとおしい。

失敗した私も必死の選択だった。
計画通りの言動じゃなかったとしても
最善の行動じゃなかったとしても
がむしゃらにしてきたからです。

だから、正解ということがあるとしたら
「悔いが残らないように
その時できることを一生懸命やること」
だと思います。

だから結局のところ
どれを選んでも一緒!

あきらめずやることやったら結果は出る!
ということかな~と思っています。

-FX, メンタル

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。