blog 子育て

【育児ネタ】こども服の収納・工夫

投稿日:

こんにちは
かずみです。

三歳差の三姉妹。
物が多いと片付ける場所がなくてほんと困ります。

ただ、おもちゃに関してはうちはゆる~い基準で
結構残しています。
なぜなら
長女は遊ばなくても
次女、三女はまだ遊ぶもの
(例:ままごと)

長女次女は遊べるけど
三女は遊べないもの
(例:かるた・ボードゲーム)

これはどっちを優先するとかじゃないなぁと思って、
結局「全然遊ばないもの」以外は処分は保留です。

Sponsored Link

おもちゃ以外の悩みが「服」

今はまだましになっていますが、
うちはとても服が多かったのです。

まず原因としては
1.いただきものが多い
2.おさがりを置いておくから

1は私にはどうしようもないので、
2をどうにかしようと思って、
ひとまず買い直す気で最近は捨ててしまっています。
(制服は置いていましたが)

なぜなら長女と次女の好みが
めっちゃ被るときと
全く被らないときがあって、

長女のお気に入り=次女も好き
となったときは
毛玉だらけで回せないくらい着倒しているし、
合わないときは
おさがりが全部気に入らなくて着ないって言われて
結局買いなおしていることが多かったのです。

だから長女がサイズアウトするものは
その年に次女に聞いてみて
着ないといったら捨てることにしました。

これでだいぶ減りました・・・

4年前に位に
本当に家がひっちゃかめっちゃかになって
お片付けのプロの方にアドバイスを頼んだことがあるんです。

その中でいただいたアドバイスで今も使ってい
2つ紹介します。

服はかけて収納

これは本当にお勧めです。

家族が多くなると洗濯物も多くなりますよね。

うちは三女が生まれるまでは
1人に1つタンスがあってそこにいれていたんですが、
上のほうはまだ届かないし、
服を選んで着なかったものは部屋のそこらへんにポイポイ脱ぎ捨てて、
それをまた畳んで片付けて、
洗濯で取り込んだものも片付けて・・・

毎日服を片付けてばっかり、という状態でした。

そこで「かける収納」をすすめられて
その通りにしたら、すごーーーく楽になりました。

畳むのはパンツと靴下、肌着ぐらい。
あとは全部かける!

うちはスチールラックにかけています。
部屋のサイズを測って三人同じものが入るものを選びました。

これに部品を買い足して上下服をかけています。
上にシーズンオフ、下に今着るものでわけています。

あと、小さな引き出しを買って、そこに畳むものを入れる。

すごくストレスがなくなりました。

この本もおすすめ

テーマカラーをきめる

こどもが3人となるとほんとごちゃごちゃだったので、
テーマカラーを決めることをすすめられました。

私はひとまず、ハンガーは三色買いをして
洗濯物を干すときに
それぞれの色のハンガーにそれぞれのものをかけています。


SmartAngel)キッズハンガー12本入り(イエロー)[ハンガー 子供用 子供 すべりにくい セット プラスチック キッズ ベビー 赤ちゃん 子供用ハンガー]

そうなると、取り込むときに
「これは誰の」と思わずとも
そのまま突っ込めます。

特にほかの家族に取り込みを頼むときに
めっちゃ楽です。

あと、祖母がお揃いを着せたくて
よく姉妹おそろいの服を購入してくれたのですが、
だれのかわからなくなっていました。

これも干すときにみたら終わるからOK。

ブランドによっては首元のタグに書いていなくて
そこはお揃いは辞めて、と暗に頼んだかなぁ。

最近は「お揃いはいや」というのでなくなりましたが
サイズが似ていると本当にわからないです。

テーマを決める

下着系はすごく悩みました。

なぜなら全員同じ性別なのと、
長女と次女のサイズがほぼ同じだから。

パンツなんて見た目じゃわからず、
毎回タグを見ていました。
面倒、本当に面倒。

だから私はテーマを決めました。

それぞれ本人に聞き取りをして
我が家の場合、以下のようになっています。

長女:シック
シンプルで大人な感じ
黒、グレー、紫系

次女:キュート
淡い色系
ピンク、水色、薄紫系

三女:ポップ
はっきりした色と柄
オレンジ、赤系

要は本人はもちろんなのですが、
重要なのは
「私がわかりやすいもの」

これで今のところうまくいっています。

また好みが変わったら変わってくるかなと思っているのですが・・・

それくらいには乾いた洗濯物は
自分のものは自分でしまってほしい~と思っているのです。

Sponsored Link

-blog, 子育て

Copyright© 主婦トレーダーかずみのFXトレードノート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。