FX メンタル

【FX初心者入門編】投資の第一は守ること

2016/09/30

こんにちは。わかです。

この【FX初心者入門編】は
初心者だった私が
土台を作るために調べた用語や
土台を作るために学んだことを主にご紹介しています。

これだけは知っておきたい!というごく基本的なものばかりです。
少しでもお役に立てれば幸いです。

FXをしていると
「稼ぎたい」という気持ちが前面にでてきませんか?

もっとエントリーしたい!
もっと枚数をかけたい!
そう思っていませんか?

私がFXを学んだ場で
一番心に残っている言葉が
「FXは証拠金を守ることが仕事」という言葉です。

守る=資金を無駄に減らさない心構え

ということだと思っています。
(参考:「証拠金とは」

「損切されないようにする」とは
ちょっと違います。
(参考:「損切・利確・建値とは」

投資は守ることが第一

焦りは敵

エントリーをして
自分が思った方向と違う方向になると
むきになって追いかけてしまいませんか?

その時の気持ちはどんなんだったか覚えていますか?

取り逃したらどうしよう
こんなはずじゃなかったのに
今度こそはとれるはず

焦りの気持ちですよね。

最初、デモで取引していた時には
絶対に味わわない気持ちでした。

損切、まぁ別に明日があるわ
取り逃した、まぁ明日があるわ
そう思っていたし、トレードノートにもそう書いていました。
(参考:「トレードノートは必須アイテム」

まず、エントリーしたらOCO注文でそのままだったので
次のエントリーポイントなんてわからないんですよね。
(参考:「OCO注文・IFD注文・IFO注文とは」

損切か決済か、どちらかが決まった後でしか、
パソコンを見ていませんでした。

しかし、実トレードに挑戦してみたら、
少しの値動きでドキドキします。
あんなに放置できたポジションが
すぐおりたくなる時もありました。
(参考:「ポジション・含み益・含み損とは」

そしてエントリーしてすぐ損切になったときに
何度も入りなおしたい衝動に駆られ、
何度もエントリーした時もあります。

そして結果的に損切が重なって
大きな損失になっていました。

しかしうまくいかなくなって
再度デモに戻り
過去検証をしてみると
焦って何度もエントリーすることをなくして
1、2回の損切で終わっていたら
次取れる時が来た時に
その損失はちゃんと利益で返せることがわかりました。

取り返さなくちゃ!と思う気持ちは
自分の都合でしかなく
相場には関係ないことです。

FXは証拠金がなくなったら取引できない

当然のことですね。
だからこそ、資金を守らないといけない。

そしてそのためには損切を入れることは当然。
(用語:「損切・利確・建値とは」
(参考:「損切幅の決め方」

エントリーと反対の方向に行ったときに
自分が決めた損失で終わることができるお守り。

それを払う価値のある日なのかどうかを
自分で選ばないといけないんだな
と改めて思ったのです。

私の場合、エントリー時間が朝の間だけなのですが、
朝にエントリーポイントが来る日ってとても少ないです。

月に4、5回あるかないか、週2あればいいほう。
しかも私は中3日しかチャートを見ません。
今年の5月なんて、とても少なかったです。

だから、ちゃんと入る日を自分で決めないと、
ただ単に毎日エントリーしてたら、
参加費を払い、マイナスを積み上げるだけです。
(参考:見送りを上手にやる方法・メリット

無駄にエントリーしてしまうと、
「ここぞ」というときに
これ以上損切になったらどうしようとエントリーが怖くなったり
証拠金不足で少ない枚数でしか入れなかったりするのです。

月1%増えるってすごいこと!

FXをしていると
月10pipsのプラス、って
全然すごいことではない気がします。

もっととれたのに。
もっと増えたのに。

でも銀行に行ってみてください。
今の定期預金、1年で金利はいくらですか?
うちの近くは「この条件を満たせばなんと!年0.03%!」と書いてありました。
0.03%!(しかも感嘆符付き)
ということは

月+1%ってすごいことですよね。

それを12か月続けたら12%
すごくないですか?
比べてみたらびっくりですよね。

だから大丈夫なんです。
焦らなくても大丈夫です。

増やすためのルールを作っていたら
あとはそれをなるべくルール通り
続けていけばいいだけです。

ルールの作り方についてはこちら(参考:「トレード手法の土台を作るポイント」

私も忘れずに日々やっていこうと思います。

-FX, メンタル

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。