FX メンタル

【メンタル】素敵な勘違いのすすめ

こんばんは。かずみです。

一気に寒くなりましたね・・・

あっ、知ってます?

「カメムシが多いと雪が多い」らしいですよ。

近所の人も、ママ友もそういうんですよ~

私は今年、初めて知ったんですが、
これってみんなそうなの??

確かに今年、やたらカメムシを見るんですよね。
洗濯物にくっついてたり
壁にいたり。

いやだぁ~と思っていたんだけど
上記のようなのは初耳だったんで、
ほかのところはどうなんだろうなぁと思って。

みなさん、聞いたことあります??

「当たり前」は人それぞれ

なぜカメムシの話をしたかというと
私は滋賀に来て9年目なんですが、
初めてこの話を聞いたんですよね。

実家近くでは聞いたことがないのです。

ちなみにもう一つ、天気のことでびっくりしたのが、
私の住む地区は大雨警報では学校が休みにならないんです。
暴風警報では休みになるんですけど・・・

私の実家付近では
警報がでたらなんでも(まぁ子どもの時の記憶なのでなんでも 笑)
休みだったんで、
大雨警報がでるくらい雨が降っても学校あるの?!とびっくりです。

でも昔からここに住んでいる人にとっては
びっくりするようなことではないんです。

このように、
場所によって
「当たり前」が違うんですよね。

自分がなりたいことを「当たり前にしている人」がいるところに身を置く

FXで稼げるようになるには
もちろん、一人でできる方もいらっしゃると思います。

でも、一人じゃ何をしたらいいかわからない、
わかるけど続けられない・・・

そんな時。

やっぱり仲間がいるといいですよね。

特に
「自分と同じような目標を持っている」
または
「自分がなりたい姿になっている人がいる」
という環境はとってもいいと思います。

同志と目標となる人の両方がいる、というのが理想。

イメージしてみてください。
仕事でも
学生時代の部活でもそうだと思うんですが、
これという目標があったとき
自分と同じくらいのレベルの人だけが集まっても
そこから一歩飛び出ることって難しいと思いませんか?

よっぽどの意気込みや
その場所ではないところでの学びが必要になってくると思います。

ですが、そこに
ちょっと先に行っている人がいるとどうでしょう?

いろいろアドバイスをもらえるし
あなたも明確な目標となる人がいるので
ぶれないと思いませんか?

私自身も
「こうなりたい」という思いだけでは
どうしても
「あこがれ」で終わってしまうことが多かったのですが、
近い先輩や上司に
「あの人みたいになりたい」という人がいたら
実際に何をしてきたのか聞いてみたり
こっそり盗み見て真似をしたり(ストーカー 笑)
新卒当時の愛読書を聞いてみたり
グイグイアドバイスをもらったりと
いろいろすることができました。

そして「ああなりたい」というあこがれの存在と
毎日交流することで
最初はあこがれだったのが
「私もなれるかも?いやなれる!」という
素敵な勘違いを起こすことになるのです!
(これを私は略してステカンとよんでます 笑)

ステカンが起きると
自分の中の「自分はこうだからだめ」という
あきらめがだんだんなくなって、
「こうしたら、もっとよくなる!」と
テンションが上がっていき
次から次へと
何をしたらいいか思いついたり
思いついたら悩む時間が短く行動できたりします。

そしたら勘違いじゃなくて
本当に素敵な自分になってます!

もちろん、
知れば知るほど
あこがれの存在のすごさが分かって
自分に落ち込むこともあると思います。
私もありました。

でもね、
それがわかるってことは
自分もそれだけ成長したってことでした。

振り返ってみたら
ただ単にあこがれていた時の自分では
やっていなかった習慣、
考えもつかなかった思考、
出会えていなかった人々に
出会っていたからです。

そしてそれをアウトプットするんです。
それは同志に。

人の成長は自分よりわかるんですよね。
客観視してもらえるとハッとしますし、
人のことを見て学ぶこともたくさんあります。

だからやっぱり
周りの人って大事です。

そして人と交流するって大事です。

自分の嫌なところ、
できていないところに向き合わないといけないときも
あるかもしれないけど、
でもでもやっぱり
自分のなりたいところを持つ人との交流って大事です。

余談ですが・・・

三連休に部屋の断捨離をして
机の周りがとってもきれいになった長女は
「これで苦手な算数もできるようになるわ!」
と帰宅してすぐ勉強机に向かっていました。
(いつもはリビングでグダグダしている)

環境と整えるのも大事ですね~。

「素敵な勘違い」しませんか??

私もまたしよう~♪と思っています。

-FX, メンタル

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。