FX 土台作り

【FX初心者勉強法】ルールを守るための工夫

こんにちは、わかです。

昨年の交流会で出た話題を少しシェアしようと思います。

「ルールを作ってみても、なかなか守れない」

・エントリータイミングを待てない
・見送りなのに入ってしまう
・入らないといけないのに損切が怖くて入れない
・損切幅を変更してしまう
・利確が我慢できない
いろいろありますね。

私も経験があるので、とってもよくわかります。

でも、せっかくたくさんの時間をかけて
検証して作ったマイルール。
ちゃんとやりたいですよね。

そこでどうやったらルールを守れるようになるか、
私の経験を少しお話ししようかなと思います。

ルール通りしたときの成績を出す

例えば今月、ルール違反をしてしまったとします。

ルール違反をしてしまったことをトレードノートに書いておくと思います。
参考:「トレードノートは必須アイテム」

結果がマイナスだと振り返りはしたくなりますが、
(逆にしたくなくなる人もいますね)
プラスだと「プラスでよかった~」とそこでおしまいになってしまいます。

ルール違反が多いなと自覚しているときは
振り返りの時は
結果ももちろんですが、
「自分のルールを守れたかどうか」に重点を置いたほうがいいです。

そして、実際にその月のチャートを見て
ルール通りならどのような結果だったかを出します。

損切回数、利確回数、取得pips・・・
それらを出しておきます。

例えばルール違反をしてしまったとして

1.結果はプラス、振り返りでマイナス

ルール通りならマイナスであれば、ひとまずマイナスになることを受け入れます。
それが続くようならルール変更を検討しないといけないですが、
ここではひとまずマイナスになる原因追及はおいておきます。

2.結果はマイナス、振り返りでもマイナス

自分がどんなルール違反をしたかを洗い出す必要があります。

たいていこういう時は結果のマイナスはルール通りのマイナスより大きいです。
つまり、無駄な損をしている可能性が高いということです。

無駄な損は極力省いていく必要があります。
参考:「投資の第一は守ること」

もし、ルール通りにエントリーしたほうがマイナスが大きい場合は
ここでは1.と同じで
マイナスが続くようならルールを再検討することになるので
そのような結果になることを頭に置いておきましょう。

3.結果はマイナス、振り返りではプラス
または 結果は微益、振り返りではプラス

これが一番ショックです。

そして「ルール違反をしなければよかった」と思う状況になるのは
これですね。

例えば無駄な損切をしてしまった。
我慢できずポジポジしてしまった。
利確を早くしてしまった。

これは本当に何度も見直して目に焼き付けておきます。
「たら、れば」ですが、
これが積み重なるとかなり嫌になります(経験談)
そしてルールを守ったら利益になるってことがわかるので
ルール違反の抑制になります。

「ルールさえ守ればプラスだったのに」
と思うことが重なれば(そんな数多くあってもあかんけど)
ルールを守ったらプラスなんだと思えることになり、
ルールを守ることにつながると思います。

人の力を借りる

ほかの人にチェックをしてもらうことも
効果があると思います。
見られているという緊張感は抑止力がありますよね。

1.ブログに書く

交流会に参加してしてくれた方も
さっそく実践されているそうです。

ブログに履歴を載せるって勇気がいりますよね。
変な取引をしたらだめだ、と思います。
だれか読んでくれている人がいるとわかっているなら
なおさらです。
履歴UPされている人には「読んでるよ」と声をかけてみるもいいかもしれません(笑)

2.チェックしてもらう

たとえばどなたかにFXを教わっているならその人に
またはトレーダー仲間に頼んで
履歴をチェックしてもらうのも方法のひとつです。

ただし、注意があります。
履歴を1つずつチェックするのはかなり大変ですので
特に友人に頼む場合にはお互いにそうしあうなど
負担がかからないようにすることが大事です。

私は以前トレーダー仲間に
デモ口座のアカウントとパスワードを教えてもらって
いつでも抜き打ちチェックしてと頼まれました。
頭いいなぁと思いました。

ルール違反脱却へのマインド

上記以外にもいろいろな策はあると思いますが
大事なのは
「素直であること」だと思います。

やってはいけない取引を認めない
隠してなかったことにしてしまうと
なかなか前に進めません。

やってしまった自分を認めて
次に進んでいきましょう。

自分のルールを大事にしていきましょうね。

-FX, 土台作り

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。