FX FX初心者向け 土台作りの過程

【FX初心者勉強法】エントリー恐怖症になったときは

更新日:

こんばんは。かずみです。

今回はリクエストをいただきました。
ありがとうございます!

「損切が続いてエントリーすることが怖くなる時、どうしますか?」

まず、エントリーが怖くなるとき、
それってどんな時でしょう。

私の経験をご紹介。

Sponsored Link

私がエントリーできなくなった経験

私がエントリーするのが怖くなった時、
それは
「損切がかなり続いたとき」です。

損切が続いた理由は
損切幅を10pipsから5pipsに変えたからです。

「損切幅の決め方」に書いている
損切幅を小さくすることのデメリット2つともが
一気にきました。

エントリーする→切られる→損切幅が小さいからだ、と思い再度入りなおす→切られる・・・
この繰り返しで
今までは1日1回ぐらいのエントリーだったのであまり経験したことのない
「入りなおす」ということが増えました。

これでかなりストレスが増えました。

加えて、今まで取れていた相場が
ひげで切られてしまうことが増えました。

9時によくひげが出ますよね。
それが損切幅10pipsなら大丈夫だったのに、
5pipsだとだめになりました。

損は増える、取れるときに取れない・・・

エントリーしても損切になりそうで、
含み損を増やすだけになりそう、
そう思うとエントリーするのが怖くなりました。

エントリーが怖くなる時こそルール大改定のチャンス

結局検証ですよね?と
リクエストもらった方からも言われたんですけど・・・
うん、結論そうなんだけど・・・(笑)

攻めから守りへ

エントリーが怖くなる時って
エントリーに後ろ向きです。

そんな状態って、
「ルールを作るのに欲張ってしまうときの対処法」で書いているときと
まったく反対の状態です。

だからエントリーしなくてもチャートを見ていて
「これは入りたいな」と思うものってかなーり少なくなります

私はそれまではNY市場のトレンドに乗ることを基本としながらも、
条件が合えば逆張りをしたりしてたんですが、
損切が続くと、逆張りするのが怖くなりました。
全然気乗りしないのです。

だって、切られそうですし、
実際1回は切られることが多い。
そして保有するのにストレスがかかる。

そうなると
今までこだわっていたパターンを手放すことができました。
今まですごく好きだったのに
びっくりするくらい、すんなりとできました。

それは損切5pipsになったから無理だったものもありますが、
上に書いたように損切にはならないけど、
エントリーや保有するのにストレスがかかるものだったからです。

そしてこのときに
「投資の第一は守ること」というのを実感しました。

そうなると
今までは「どれだけ取得pipsを稼ぐか」なルールだったのですが、
「いかに資金を守るか」ということを考えるルールを作ろうと思うようになりました。

これはかなり大きな変化で、
ルールも今までよりも大きく変わりました。

まず煩雑なルールは全部やめて
「パッと見てわかることが大前提のルール」を作りました。

私のルールは文字にすると
計算式はややこしいんですけど
どこの高値と安値を見たら自分のパターンに該当するかが
すぐわかるんですよね。
暗算でできるんです。
だから迷わない。

見送りを味方につける

「エントリーする相場」となるまでの
条件が以前より厳しくなったと思います。

「ルール通り見送る」ということがかなり増えました。

チャンスがなかったから入らない、とか
値が思ったところに入らないというのは
検証ではできるんですけど、
実際エントリーになると
我慢できずに入ってしまったり、
チャンスだと思ってエントリーしてしまうんですね。
そして損切が増える。

それに気が付いたので
上記に書いた、「パッと見てわかるルール」を作ったのです。
それに該当しなかったらそもそも入らないようにしました。

今までは

検証では「パターンに該当だけど、入れなかった」
実際は「パターンに該当したから入る準備をした、我慢できず入ってしまい損切」
という理想と現実のギャップがかなりあったのですが、これが減りました。

振り返ると「ピンチはチャンス」

こうやって作ったルールって
エントリー回数も少ないし、
自分が本当に入りたいときだけになっているはずなので
エントリーするにもストレスが少なくなっています。

どちらかというと
エントリーするのが好きな私にとっては
いい薬でした。

当時はほんとに落ち込ました。

損切が続いたときは誰にも履歴を話すこともなく
トレードノートに記録は書くものの
振り返りをすることも嫌になってました。

そしてエントリーが嫌になったときは
エントリーしないと増えないけど
減るほうが怖くて
ボーっとチャートを見てました。
エントリーしたくなったらひたすらデモで入ってました。
そしてそれをメモ。
「なぜ入りたくなったのか」だけを追求していました。

エントリー、怖くなったときは無理にしなくていいと思います。
損が積みあがったときのほうがずっとずっと気が重かったので。

それでトレードをやめてしまうもよし(よいのか?)
もし辞めたくないなら
「これだけは入りたいな」と思う相場を見つけるチャンスだと思って
データを集め、検証することをお勧めします。

Sponsored Link

-FX, FX初心者向け, 土台作りの過程

Copyright© 主婦トレーダーかずみのFXトレードノート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。