FX 用語

【FX初心者入門編】ナンピン・塩漬けとは

2016/10/12

こんにちは。わかです。

この【FX初心者入門編】は
初心者だった私が
土台を作るために調べた用語や
土台を作るために学んだことを主にご紹介しています。

これだけは知っておきたい!というごく基本的なものばかりです。
少しでもお役に立てれば幸いです。

今日は「ナンピン」と「塩漬け」です。

これまたなかなか聞きなれない言葉です。

ではさっそくご紹介していきますね。

平均単価を下げる

【ナンピン】

ナンピンとは、「平均コストを下げる」方法です。

例えば米ドル/円を1ドル100円で買いエントリーしました。
損切は入れていないか、とても大きいとします。
しかし、相場は下落し99円になったで含み損が発生しました。
99円で買い増しします。

すると買いの平均単価は
(100+99)/ 2=99.5
1ドル99.5円となります。

そうなることで、レートが1ドル99円50銭まで回復すれば
収支はトントンになります。

両建てにていますが、
両建ては「買いポジション」と「売りポジション」、
ナンピンは「買いポジションと買いポジション」、
「売りポジションと売りポジション」です。
(参考:「両建て・ドテンとは」

結果は相場の神のみぞ知る

【塩漬け】
損切を入れずにエントリーして、
含み損があるものの、損切をしていないポジションのことです。

損切を設定していないことと
「損切・利確・建値とは」で紹介しているプロスペクト理論でもあるように
人は利益を確定したくないので、損切を我慢してしまうことが
塩漬けをする原因です。

損切は必ずやること

塩漬けはエントリー時に損切を設定していれば
防ぐことのできるものです。

ナンピンも失敗すると精神的にしんどいです。

なぜなら含み損を抱えて、トレンドが反対方向になることを
ずっと待つしかないからです。
トレンドはいったん発生したらなかなか終わりません。
それが大きな足のトレンドならなおさらです。
時間がたつにつれて含み損は増えていく一方です。

いつ戻るかわからないトレンドを
ただずっと指をくわえてみておくことしかできません。

想像するだけで怖くないですか?

しかも証拠金維持率が100%を切ると
強制決済されてしまう証券会社もあるので、
証拠金に余裕がないと
自分の思わぬところでポジションが決済されてしまいます。
(参考:「強制決済・マージンコール・追証とは」

自分が楽なトレードって何でしょう。
私の基準はここにまとめていますが、(参考:「なるべく平常心で取引しづつける4つのポイント」
やっぱりドキドキしないことではないでしょうか。

相場って本当に自分の思い通りにはいかないものです。
何度私もチャートを見て
「うそ~!」って叫んだことでしょう。
エントリーチャンスを逃すことも悔しいのですが、

例えば建値で引っかかってしまって、そのあと自分が思った方向に伸びていったり
あと1pipsのところで決済のための指値にささらなかったりと
思ったようにいきません。

ちゃんと検証して作ったルールで取引しても
そのようなことがあるわけです。

「先のことはわからない」

というのは稼いでいるトレーダーが口をそろえて言うことです。
わからないけど、
過去のデータを検証して統計を取って
自分の推測する方向にいく確率の高いところでエントリーしているだけです。
稼いでいるトレーダーでも
100%わかっている人なんて誰もいないのです。

もちろん、相場の動きは波のようなので、
一時的に上がったり、下がったりするときもあります。
だけど、その時までずっと含み損を抱えたまま待てるでしょうか。
待てたとしてもその時に
「まだもうちょっと」と思わず潔く損切ができるでしょうか。

そこですぱっと損切できる覚悟ができるなら
思ったところを超えたら損切するのは
ずっと簡単です。

エントリーと損切はセットですること、
これは資金だけでなく自分のメンタルを守るためにも
必要なことだと思います。

-FX, 用語

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。