FX 用語

【FX初心者入門編】窓とは

こんにちは。わかです。

この【FX初心者入門編】は
初心者だった私が
土台を作るために調べた用語や
土台を作るために学んだことを主にご紹介しています。

これだけは知っておきたい!というごく基本的なものばかりです。
少しでもお役に立てれば幸いです。

今日は「窓」についてです。

月曜日特有

【窓・ギャップ】

金曜日の終値と月曜日の始値の差が大きくなり、
チャートを見ると間が空いている状態にあります。
それを窓といいます。

%e3%81%be%e3%81%a9

FXの取引時間は証券会社や
夏時間冬時間のどちらかであるかということで多少の誤差はありますが、
土曜日の朝から日曜日の朝までは取引が停止しています。

もちろん、その間には海外のFX会社の方でも取引が停止されています。
しかし、イスラム圏など国民の休日が日曜日ではない国もあるので、
日本で見たらチャートが動いていなくても取引をされている状態です。

この土曜日から日曜日の値動きが
月曜日の朝に反映されるため窓が開きます。

また、なかには何億と言う単位の個人投資家の大口の注文であれば、
欧米各国が休みの間にも注文を受け付けている証券会社もあるため、
そのような取引も窓が開く原因となります。

大きな窓が開く原因は週末に天災や世界的な事件などがあげられます。

しかし、私たちのような個人投資家は証券会社が閉まっていたら、
ポジションをどうすることもできないため、
ニュースを知ったとしても証券会社が開くのを待つしかありません。
(参考:「ポジション・含み益・含み損とは」

下落トレンドで上に窓が開いたら、いったん上に、
上昇トレンドで下に窓が開いたらいったん下に動く可能性が高いです。
それを「窓うめ」と言います。
(参考:「トレンド・レンジ・押し目買い・戻り売りとは」
しかし、それも100%ではありません。
特に勢いが強い時はそのまま下落、上昇していきます。

月曜の朝はこのような不測の事態が起こることもあるので
週末にはポジションは決済してしまうことをお勧めします。
(参考:「なるべく平常心で取引し続ける4つのポイント」)

ちょっと役立つ?!わかの経験談

スイスショックや経済指標などで
値動きがニュースに影響されることは
もうお分かりいただけていると思いますが、
私自身はあとからチャートを見るばかりで
実体験としてはなかなかありません。

(参考:「ボラティリティ・経済指標とは」
(参考:「証拠金とは」

体験したことですぐ思い出せるのは
2013年4月16日の朝です。

この日、朝の6時だけで100pipsも動きました。
(参考:「取引単位とPipsとは」
通常、朝は25~30pipsくらい動けばいいほうです。

エントリーしながら、
値動きが激しくてびっくりしたことを覚えています。
3時からの3時間で200pips動いています。

2013-04-16%e3%80%80%e4%ba%8b%e4%bb%b6%e3%81%a8%e3%83%9c%e3%83%a9

2013年4月15日の現地時間14時45分
(日本時間3時45分)に
ボストンのマラソン大会中に
爆弾テロがありました。

ボストンマラソンは「アメリカ三大市民マラソン」に数えられる大会で
国内外から多くの参加者が集まる大きな大会です。

これがあったから
通常では考えられない値動きをしたのだと思います。
これはあくまで推測ですが、
よっぽどのことがない限り
いつも通りのボラティリティではないことってないと思うのです。

私は当時、売りでエントリーしていたので
特に問題なく、
むしろうれしい利確をしたのですが、
買いで入っていたらと考えると怖いですよね。

「リスク」とはマイナスの面だけではなく
プラスの面でも「想定外」を表す言葉と聞いたことがあります。

「朝は経済指標はないから安心」と思っていたのですが、
全然そうではありませんでした。
本当に先のことは、何が起こるかはわかりません。

だからこそ、
自分が意識して避けられるリスクは避けて
ちょっとおかしいな、と思ったら見送り、
ちゃんと損切を入れて
取引することが大事だと思います。

(参考:「損切・利確・建値とは」
(参考:「なるべく平常心で取引し続ける4つのポイント」

-FX, 用語

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。