FX 土台作りの過程

【FX初心者勉強法】検証で気付きを得るための3つのステップ

こんにちは。わかです。

検証をテーマにした討論会の記事
読んでくださった方から
ご質問をいただきました。
ありがとうございます。

過去チャートを印刷してみているのですが、みなさんがいうような検証をするための

きづきがありません。

どれも同じに見えるし、どれも違って見えます。

そもそもどうやったら検証するものを見つけることができますか?

 

これはよく聞かれることですが
今まであまり深く考えたことがなかったかも・・・

ということで
検証でどういう風に考えると気づきがありやすいかなと
考えてみました。

条件をはっきりさせる

チャートを見るときに
ある程度ポイントを絞ることで
気づくことが増えると思います。

逆に何も絞らずに見ていると
いろんなことに注意が分散されて
どれも同じように見えるし、
どれも違うように見えて
共通点を見出すことが難しくなるかなと思います。

1.これだけは譲れないトレードの軸を考える

トレードのポイントでも挙げていますが、
まずはどういうスタイルをやるかということを
はっきりさせておくことが重要です。

ざっくりで大丈夫です。

例えば私なら
「子育てしながらできるトレード」です。

「仕事終わりにさくっと稼ぐ」とか
「少ないエントリーで大きくねらう」とか

何でもいいんで
自分のトレードのコンセプトを決めてください。

2.1のスタイルを貫くにはどうするか

例えば私の場合はあれば
子どもがいて在宅育児をすることが前提ですので
なるべくトレードに時間を作らないことが望ましいです。

*朝がトレード時間
*決済は迷いたくないのでOCO注文か時間
*夜までに決済

これは譲れません。

あとは
迷わないとか
見送りルールは明確になど
性格に合わせていくつか挙げましょう。

これは実際にずっとトレードしていくと
いくつも後から出てくると思います。

そしてストレスに感じたら
都度ルールを都度見直すのがいいと思います。

私自身もルールは結構変えていて
最初はチェック項目がたくさんあって一つ一つチェックしていたのですが
そもそもそんなにチェックするくらいなら
わかりやすいところにだけ入りたいと思い
ルールをシンプルにしてきています。

小さなルールの変更は
回り道なようでそうではないと思うので
自分と向き合いながら見直していけばいいと思います。

少なくとも
・時間
・エントリー方法(指値・成行)
・決済方法

は思いつくかなと思います。

もちろん複数でも大丈夫です。

3.どの流れに乗るか考える

「順張り・逆張りとは」でも書いていますが、
自分の乗りたいトレンドに乗るのが正解だと私は考えています。

ですから2.で考えたエントリーと決済だと
どの流れに乗るのがいいのかというのを決めます。

これも大体で構いません。

例えば朝にエントリーして東京市場に決済する、
東京市場にエントリーして翌日決済する
欧州市場にエントリーして欧州市場で決済する
なんでもいいので決めます。

1~3を決めてからチャートを見てみよう

同じように見えていたチャートもちょっとずつ違って見えます。
少なくとも1~3の条件にあてはまった日かそうではない日か、というのが
絶対にでてくるはずです。

考えてみたら
買い物などで探し物をするとき
みんな自然にしていることですね。

例えば財布がほしいなって思ったときに
どんな財布がほしいか考えませんか?

長財布か折りたたみか
色は何色か
素材は何か
ブランドはどこがいいか
どこに買いに行くか・・・

パッとインスピレーションで決める、といっても
無意識にこれらのことを考えて選んでいると思います。

チャートを見るのもそれと同じです。

ただなにも決めずにチャートを見ても
違いは気が付きにくいと私は思います。

最初は相場に合わせず
利己的な条件でチャートを見てもいいと思います。

それがうまくいかなかったら
「じゃあこの条件は譲ろう。これならいけるかな?」と
仮説を立てながらチャートを見ることになります。

そうなると一気にチャートが見やすくなるかなと思うのです。

もちろん見当違いなら全然ないあてはまらないということもあります。
でも、考えているだけではわかりません。

考えたことを確認する作業は
とても大変ですけど
それをやることで
実現可能かどうかがわかります。

もし考えていることが実現可能ではなかったとしても
ほかの気づきが必ずあるはずです。

以上、ご質問の答えになりましたでしょうか。

もし何かありましたらまたお問合せよりご質問くださいね。

-FX, 土台作りの過程

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。