FX 朝トレ

【FX朝トレード】エントリー時間について

こんにちは。わかです。

こんにちは。わかです。

相場は24時間動いています。
朝、昼、夜、時間によっても通貨によっても
いろいろな癖があります。

どの時間帯にしようかな
どの通貨を取引しようかなと悩まれている方にむけて
私がしている朝トレードのドル円について少しまとめてみました。

次は具体的にどの時間帯にエントリーチャンスが来やすいか、です。

朝トレードの時間

私は以前は夏時間なら朝5時から、冬時間なら6時からのトレード時間でした。
これは日本の証券会社の日処理前の時間前後にエントリーです。

そして今は7時台、8時台に入っています。

ここでは5時から6時を朝トレードの前半時間、
7時から8時を朝トレードの後半時間として書いていきます。

朝トレード前半時間のエントリー

買い

買いエントリーは5時台にチャンスが多いです。
特に15分足で5時15分の足はねらい目です。

私は買い狙いと決めたら以前はそこばかり見ていました。

あとは、日処理後の最初の15分です。
(夏時間なら6時15分、冬時間なら7時15分)

ただし、日処理の前後は動きが不安定になるときが多く、
スプレッドも開きます。

後からチャートを見るとベストエントリー値だったということは
よくありますが、
実際に入れたかと言われると
そうでもないときもありますので、
個人的にはあまりお勧めしません。

売り

売りの場合は、日処理後に入るほうが優位性があります。
ただ、どちらかというと、前半の時間に入るよりも
後半の時間に入ったほうがいいと思います。
だいたい7時半以降かなと。

6時台に入れそうなときは
とても下落トレンドが強くて
そのまま安値を更新していくときです。

しかし、安値を更新する=そのままずっと下がっていくというわけではないので
そのあたりも注意が必要です。

朝トレード後半時間のエントリー

この時間のキー時間はずばり「8時45分」です。

FOMC後は私はかなり8時45分を重視しています。
あと、NYの高値や安値を更新したときも、8時45分まで待ちます。

買い

買いエントリーの場合は7時台、または8時15分、45分かなと思います。
特に7時台に抵抗ができているときは8時00分、8時15分に動きやすいです。
そういう場合は8時45分だとちょっとエントリーは遅くなってしまいます。

売り

売りに関してもやっぱり8時45分かなと思います。

実際に見てみてくださいね。

ベストエントリーポイントが入るポイントというわけではない

過去チャートを見ると
ベストエントリーポイントは一目瞭然です。

特にうわひげ、下ひげがでているときなどは
「このひげ先でエントリーできたらなぁ!」と思うものです。

ですが、
やはりある程度の損切幅を許容してエントリーするか
そのひげが出てからエントリーするというほうが
精神的にもいいですし、現実的です。

だからチャートを見るときに
必ずしも朝のベストエントリーポイントで入らないといけないというわけではなく、
自分の許容できる損切幅と照らし合わせながら
自分のエントリーできる時間で
一体どのポイントなら入ることができるのかということを
考えることが必要です。

ベストエントリーポイント≒自分のベストエントリーポイント

です。

毎日チャートを見続けることが大事

上記のこともあくまで時間の優位性であって、
1か月の間でもその優位性はすこしずつ変化していったり、
また戻ったりします。
該当しないときももちろんありますし、
該当しやすい日だけエントリーしようとすることも
検証をして絞ることでできると思います。

人の話だけを聞いてエントリーすることは難しいです。

まずは自分の目で確認していくこと。

毎日同じ時間にチャートを見て
出来上がったチャートだけではなく、
動いているチャートを見ること。

そして自分がどこなら入ることができるかを考えていくこと。

これがFXでは必ず通る道だと思います。

-FX, 朝トレ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。